初心者必見!精力剤の5つの基礎知識

精力剤を初めて探す方へ

精力剤とは

精力剤とは、男性の更年期以上を中心に、性的機能の改善を目的に摂取するサプリメントや薬などのことを指します。主に、勃起障害(ED)、女性との性交渉時の遅漏や早漏、更には、性欲減退などの症状に対しての改善を図る目的で様々な種類のものが出ています。

これらの原因としては加齢や仕事や生活上のストレス、食生活や喫煙などの生活習慣などによる末梢血管の血流停滞と言われていますが、個人差もあり一概には特定することが難しいのも現実です。 気力や性欲はあっても、男性機能自体が役に立たない時などは、テストステロンやクエン酸シルデナフィル、ストリキニーネなどの化学成分を使ったED治療薬などで陰部の血流をコントロールすることで勃起自体を行わせるものもあります。

また、性欲減退や活力減退などの原因の場合は、気剤と呼ばれる漢方薬やオットセイ、スッポン、ガラナなどのサプリメントなどが役立つこともあります。一般的に毎日服用できるものしては、滋養強壮や疲労回復の役割を果たし活力などを補い間接的に精力促進を図るものとして、ニンニク、マムシ、マカ、亜鉛、朝鮮人参などが配合されたサプリメントや医薬部外品商品なども人気があります。

剤形は、ドリンク、アンプル、カプセル、錠剤などと多岐にわたっており、使用上使いやすいものを選ぶこともできます。 それぞれのサプリメントには配合されている成分も似通っていますが、配合量などは違いも多く、個人差によって結果も変わってくるので、自分にあった精力剤を見つけることが大切です。

精力剤の歴史

精力剤は、人間の文明とともに生まれたと行っても過言ではなく、3000年以上前の古代エジプトで使用されていたことが発掘されたピラミッド壁画や化石から確認されています。当時は、ニンニクが精力剤として王族や階級の高い人が活用しており、子孫繁栄のためには欠かせないものであったと言われています。同じようにインカ帝国では植物のマカ、日本では高麗人蔘やすっぽん、マムシ、トナカイの角などが重宝されていました。

今ではよく見掛けるこれらほとんどが当時一般庶民は利用することは出来ず、高級なものとして限られた時代の特級階級が利用していました。 これらは科学的に証明されたわけではなく、日常の生活の中で効果が確認されていたり、当時各地方に言い伝えられている伝話などによって、代々受け継がれていったと考えられています。

現在では科学も進歩し、古来から伝達されてきた精力剤の秘密も解明され、更に組み合わせの効果なども日本漢方によって研究されることで、現在では多くの人達にとって役立つ、精力剤が生まれてきています。その半面、ストレス社会の原因などで発症すると思われる古来には少なかった勃起不全の症状に対しても、性ホルモンなどのコントロールなどを目的に様々な薬が生まれています。 人間の存在や子孫繁栄のためにも精力剤の歴史はこれからも進歩しながら、多くの人に役立つものとして、認識されることになるでしょう。

現代の精力剤活用

古代から重宝されてきた精力剤ですが、現代では、その伝来されてきた精力剤に含まれる様々な成分が化学的に確認されており、その特性を利用して、複合化することによってお互いの利点を高め、弱点などを少なくすることができるようになり万人に使用できる健康補助食品や医薬部外品、そして医薬品などで利用されています。

そのために、本来の目的である、子孫繁栄以外にも、性交渉時においてお互いの快楽や満足感などを高める目的でも使用されています。最近のTVショッピングなどでも古来の精力剤成分が複数配合されてサプリメントとして販売されており、疲労回復や滋養強壮といった作用などが期待されております。基本的にサプリメントなどの健康補助食品の場合は、医薬部外品や医薬品などと違い、成分や配合量も限定されており、効果効能などは謳えないことになっております。

よって、普段の食生活のプラスアイテムとして、予防などの目的にサプリメントを使用することをお勧めいたします。もし、症状などがでており目的などがはっきりしている場合は、摂取期間などを決めることで、医薬部外品や医薬品などの精力剤を使用することをお勧めいたします。

また、ストレスや生活習慣などが起因していると思われる現代病でもある勃起不全(ED)の場合は、より化学的な成分などによりホルモンのコントロールを行うことによって、症状の緩和や治療を行っています。主にテストステロンなどを含む医薬品で治療を行っております。

疲労回復について

疲労回復は、肉体的な疲れや虚弱体質などの肉体的な原因のものと、精神的なストレスなどによるものなどが原因のものがあります。漢方薬などは、古来から気剤と呼ばれる補気目的の処方や、虚弱体質を陰から陽にバランスを整える処方などが存在しており、漢方の専門家が飲まれる方の証を見ることによって処方されます。

しかし、サプリメントや医薬部外品として販売されている商品の場合は、このような個人差などによって処方を変えることができないので、それぞれの規格にのっとって万人が摂取できるように緩和に処方されています。 精神的なものが原因の場合は、ストレスが原因で発生する活性酸素などを消去する酵素などを対外からも補給することで、細胞が老化する2次的な原因を作らないようにしたり、ハーブなどを使用して、興奮した精神状態を落ち着けることで睡眠時に安らげられる環境作りなどをするものもあります。

肉体的な疲れは、筋肉にたまった乳酸などを血流アップによって排出したり、アミノ酸などを取ることによって、傷を受けた筋肉の修復を補助していくものもあります。 疲労は慢性になってしまうこともあるので、日頃から疲れを溜めない努力も大切です。

たまりすぎた疲労は、精神状態にも栄影響を及ぼし、外出するのが億劫になることで、うつなどの症状も引き起こします。疲れは1日過ぎたあとには、残っていないことが理想ですので、その日に行えるストレッチや食生活の工夫、入浴や就寝時間を早めることで睡眠の質を高めることが、慢性化にしないためにも重要です。

精力アップについて

精力は人間にもともともたらされている3大欲の一つで、これがあるから子孫繁栄があるともいえます。しかしながらストレス社会や、食生活の変化などの原因によって、人間がもともと持っている本能的な気質が変わってしまっていることも問題とされています。

もちろん精力がありすぎるのも問題となりますが、適度な精力がないと、一生涯にとって大切な異性との交流において、気後れするなど積極性にかけることにも繋がります。特に少子化問題は、社会不安や経済的な理由もありますが、精力減退による原因なども問題視されております。

新婚の夫婦などは、以前は精力剤を利用している人も少なかったのが、現在では、子作りだけでなく、夫婦の営みとして楽しむために利用している人が多いのも現実です。 最近では、男性のみならず女性にも感度を上げる目的で使用されるケースも増えており、男女を通しての需要が高まっています。

食材などに工夫を凝らして、日常から食生活の中に取り入れることもできますが、サプリメントなどを利用するケースが一般的です。男性と違って女性の場合は、その場の雰囲気を大切にしたり、生理などの日常的な特長なども男性とは違うので、男性が役立つ精力剤とは違ったアプローチがされています。

また、閉経後に女性ホルモンが少なくなった女性のために、ローヤルゼリーなどに含まれる成分が活用されることもあります。 日常生活において精力剤は、人生を楽しむ、豊かな人生を歩むためにも大切なものとして、認識されつつあります。

勃起不全について

勃起不全は、男性の陰部の勃起機能の低下による性機能障害の一種で、英語名Erectile DysfunctionからEDと呼ばれています。通常の生活上は大きな問題はありませんが、性交渉時に満足いく性交が行えない状態になるので、精神的なダメージに繋がることも多く報告されています。

加齢に伴って増える傾向にはありますが、心因的な原因で若年層にも増えている疾患です。現代の健康寿命の長寿化に伴って性生活の需要が高まる傾向の中でEDが注目されてきました。 実際の勃起不全治療には、テストステロンやクエン酸シルデナフィルなどが配合された医薬品を使用して患者とパートナー、そして医者が協力して治療を行う体制が整い個人的に悩むことで2次的な疾患がでないようにしています。

原因として多いのは、心因性のものがほとんどで、精神的な理由は、お互いの努力や医師による精神安定剤と精神的なサポートなどで治癒していく可能性があります。但し、器質性と呼ばれる、肉体的な障害やダメージの場合は、血流自体が陰茎に流れ込まないために、性ホルモンをコントロールし、血流増加を図る医薬品が必要となります。

糖尿病や高血圧などの疾患が器質性の勃起不全に繋がるケースも多く報告されています。 実際に勃起不全と感じる方は、現在では治療効果も高いので、個人的に悩まずに、専門の病院に相談されることが大切です。もちろんパートナーの存在も大切ですので、ご夫婦またはパートナーを同伴で来院してください。


Copyright (C) 2012-2015 精力剤ナビ All Rights Reserved.