精力が減退する際の6つの原因

精力剤はオヤジが飲むもの!?

加齢が原因

男性は、加齢に伴って、どんどん精力が減退していきます。通常の場合、40代を迎えますと、かなりの確率で、勃起不全などの状態になってしまいます。もちろん、性に関する意識も低くなります。そして50代、60代になりますと、より一層、精力が減退していくことになります。

人によって、もちろん精力は異なります。元気な人は、年齢を重ねても、精力がとても強く、女性との性交渉をしたがります。しかし、一般的には、加齢により、新陳代謝などがうまくできなくなってしまいますし、男性ホルモンの分泌量が変わり、身体に悪影響を及ぼすことになります。

また、疲れをためる頻度も多くなりますので、自ずと精力も減退しますし、性行為をしようという気持ちになれない場合が多いのです。そして、会社や家族のことでストレスを抱える人も多いので、ストレスが原因で精力が減退してしまう場合もあります。

そして、部下や同僚などとの飲み会などの機会が増えることや、喫煙をしているような人は、性機能に悪影響を及ぼすことになります。そんな際には、精力剤を利用するとよろしいと思います。必要のない人(性行為を特にしなくても良い人)は、特に対策をとる必要もないと思うのですが、性行為をすることにより、若返りの効果もあると思いますので、常に若々しさを保ちたい男性は、精力剤をうまく利用して、性行為をするようにした方がよろしいと思います。不倫などは、決してすべきではありませんので、注意しなければなりません。

不規則な生活習慣を送っている時

人は、バランスの良い食事をとることや、睡眠をしっかりとって、健康を維持する必要があります。しかし、仕事が忙しく、なかなか睡眠を摂ることができない場合や、食事の時間などが夜遅くなってしまうような場合もあります。

そのような人は、少なからず、ストレスを抱えることになりますので、自律神経のバランスが崩れてしまい、全身の体調が悪くなってしまうとともに、精力についても衰えてきます。性欲はあっても、ペニスが勃起せずに、性欲を満たすことができないような状態になってしまうのです。

そうなりますと、性行為に関して、デリケートな状態になってしまいますので、どんどん性行為がうまくできなくなってしまいます。ミドルエイジやシニアエイジの方は、お子さんもいるので、生殖行為としてのSEXをする必要はないのですが、若者は、子供も作らなければなりませんし、女性を満足させるようにしなければなりません。

何より、ご自身が性行為から得られる快感が得られないということは、とても残念なことです。ですから、まずは、リズムの良い生活を送ることが必要です。会社の同僚や上司などとの飲み会なども必要ですが、過度の飲酒を避けて、翌日の仕事のために、しっかり睡眠で疲れをとる必要があります。

基本的な日常生活をしっかり送ることを前提に、精力剤を利用するようにすれば、効果も上がると思います。逆に言いますと、生活習慣が悪いのに、精力剤を一時的に利用しても、効果が現れない可能性もあるということです。

バランスの良い食生活をおくっていないとき

人が健康的に生活をするためには、バランスの良い食生活をしてより良い栄養素を取り入れることが必要です。最近の日本人は食生活が欧米化しており、脂分の多い食事をするケースが多いようです。食生活の栄養バランスが崩れているような場合には、精力減退や勃起不全の状態になってしまうこともあります。

栄養分をたくさん取りすぎますと、肥満につながり、メタボによる性機能への悪影響があると思いますし、摂取する栄養分が少ない場合には、そもそも精力がつきません。ですから、日頃の食生活において、精力に必要な栄養素を十分に摂るように配慮することが大切です。

良い栄養素と呼ばれているのは、亜鉛やアルギニンと呼ばれる栄養素があります。これは、精力剤に多く含まれている成分ですので、精力剤のお世話になるために、以上の栄養素を多く含むような食事を心がけることが大切です。

しかし、コンビニなどで販売している惣菜やレトルト食品、そして、インスタント食品などを多用しますと、添加物が多く含まれている場合が多く、身体に必要な栄養分を排出するという悪影響がありますので、自然の食材と調味料などを利用し、かつ、脂分を控えるような食事をすることも大切なことです。

食事をすることにより必要な栄養素を摂取することはとても大切なことですので、健康的な身体を維持することはもちろん、精力減退を防ぐためにも、食生活には十分に配慮するようにしましょう。

ストレスを抱えたとき

ストレスは万病のもとと良く言われます。仕事での悩みや、人間関係などにより苦しんでいるような人は、常にストレスを抱えていると思われます。睡眠などもしっかりとることができませんので、どんどん疲れが溜まり、精神的にも辛い状態になってしまうのです。

若い男性の場合には、精力が旺盛で、性行為などをしたいと考える人が多いと思うのですが、勃起不全になる人がとても多いのが実状です。ストレスにより、精力が減退する理由は、自律神経の働きに起因しています。

自律神経は、交感神経と副交感神経が交互に作用する働きがあり、そのバランスがうまくとれている場合に、はじめて健康的な生活を送ることができるのですが、ストレスを常に抱えますと、交感神経が常に働くような状態になります。

交感神経は、人間が動いている状態に気持ちを高めるような作用があり、副交感神経は、簡単に言いますと、身体を休めるためのモノです。ですから、副交感神経がうまく機能しませんと、疲ればかりが溜まってしまうというわけです。副交感神経が最も活躍するのは、睡眠時ですので、睡眠をしっかり摂れないような人は、ストレスになる要素を多分に持っていると言えます。

若い男性は、性欲の発散をしっかりしたいと考えるはずです。ですから、まずは、精力剤などを利用せずに、ストレスの解消方法を見つけることが大切です。そして、精力剤は、ストレスの解消と同時に、精力を向上されるための、補助という位置づけで利用されるべきです。

喫煙による精力減退

喫煙をする人はどんどん少なくなっています。タバコは百害あって一利なしで、身体のあらゆる部分に悪影響を及ぼし、健康な身体を保つことが難しくなります。当然、肺などの臓器にも悪影響がありますし、そもそも血流を悪くしてしまいます。

血流が悪くなりますと、動脈硬化などの状態に陥る可能性も高いので、できるだけタバコは避けるべきです。精力という意味でいいますと、元気なペニスは、血流がよく、勃起の際にペニスが血流により膨張する状態のことを言います。しかし、血流が悪ければ、精力がありましても、しっかりと元気に勃起することが難しくなります。

ですから、勃起不全などになりましたら、すぐにタバコをやめることが必要です。しかし、ニコチン依存症という状態で、なかなかやめることは難しいです。中には、タバコを吸うことでストレスがなくなるので、決して悪いものではないと思っている人も多いと思うのですが、気持ちの問題ですので、やはりタバコはやめるべきです。

もし、完全に禁煙ができなければ、タバコの利用本数を減らすことなどから始めるとよろしいです。タバコは、受動喫煙といい、周囲にいる人にも悪影響を及ぼしますので、気をつけなくてはなりません。とにかく、身体が健康的で血流が良くなければ、正常な勃起ができないということを理解して、タバコは極力やめる、もしくは本数を減らすなど、血液がサラサラになるような努力をする必要があります。そして、精力剤を利用するようにしましょう。

ホルモンバランスが崩れたとき

男性にとって、男性ホルモンの働きはとても大切なものです。日々、男性ホルモンが分泌されることにより、身体の成長などが促進されているのです。しかし、加齢に伴い、男性ホルモンの分泌は少なくなってきます。

男性ホルモンの分泌が抑えられてきますと、身体のあちこちに変調が現れますが、ペニスへの影響も強く、性行為をしていて、射精をしたいと思っても、勃起できずに、射精ができないというような状態になってしまいます。また、自律神経のバランスも崩れてしまいますので、ストレスを抱えてしまい、勃起不全の状態に拍車がかかることになります。

それを阻止するのが精力剤です。精力剤のタイプはさまざまです。成分の違いもありますし、利用方法が異なります。精力剤を患部に塗布するタイプもありますし、薬を飲用する場合もあります。塗布するような外部からの対処方法の場合には、一過性の効果はあるものの、根本的な勃起不全の対策にはつながりません。

従って、できれば、男性ホルモンの分泌を促すような飲用タイプの精力剤を利用されるとよろしいと思います。飲用タイプには、化学的な成分が含有されているものもありますが、副作用の効果も高いので、天然成分を含んだ商品を選択されるとよろしいです。

加齢を抑えることは誰にもできません。性機能が衰え、男性ホルモンの分泌が妨げられることは当然のことですので、そのような際には、精力剤を利用して、男性ホルモンの生成を促すことが必要なのです。


Copyright (C) 2012-2015 精力剤ナビ All Rights Reserved.