精力剤/使用前におさえておくべき5項目

亜鉛を積極的に摂ってみる

精力剤の使い方を学ぼう

精力剤にはいろいろな種類がありますが、一般的な内服薬と違って必要に応じて使用するタイプのものが多くなっています。しかし、用法を誤ると効果が現れないばかりか人によっては体調を崩すこともあるため、充分な注意が必要になります。

また、男性ホルモンのコントロールタイプや血管拡張型の医薬品系精力剤については、特に副作用のリスクがあることを予め知っておくことが必要です。健康食品タイプの精力剤は、サプリメントを服用することにより徐々に効果が現れます。

速めの効果を期待するあまり、サプリメントの量を増やしても良い結果は得られません。また、一定期間続けても思ったような効果が現れない場合は、身体が精力剤に慣れてしまったことが考えられるため、思い切って精力剤を変えてみることも必要になります。

逆に、血管拡張型の精力剤には即効性があります。精力剤を服用してからその効果が現れるまでの時間により、服用のタイミングを計ることができます。このタイプの精力剤で注意したいことは、精力剤の服用後に多量のアルコール分を摂取すると効果がなくなることです。その外、軟膏タイプの精力剤は性行為の際、直接局部に塗布することになります。

また、漢方薬系の精力剤は使われている成分によってはアレルギー反応を起こす危険性があるので注意をしてください。いずれにしても、それぞれの精力剤に記載されている使用上の注意をよく読んで、間違った使い方をしないことが大前提になることを忘れないようにしましょう。

精力剤の副作用について

EDに見られる勃起不全の治療薬として広く知られているバイアグラは、クエン酸シルディナフィルという成分により、一時的に局部への血流を増大させることで効果を生み出します。この薬が世の中に出現したのは、バイアグラ自体が狭心症などの治療薬としての開発途上に、副作用のひとつとして局部の反応があったという偶然から生まれたものです。

バイアグラに限らず血管を拡張させ、血流を促すタイプの精力剤の副作用は、急激な血圧の低下や頭痛、あるいは動悸、立ちくらみといった症状ですが、すでに心臓に疾患を抱えている人にとっては狭心症を引き起こすリスクがあります。その他、男性ホルモンの分泌を促進する精力剤にはテストロンという成分が含まれています。

男性ホルモン系の精力剤は、服用タイプ、軟膏タイプ共に第1類医薬品に指定されています。そのため、不足した男性ホルモンを補うことで性機能を高めるこの手の精力剤を購入する場合には、必ず薬剤師の立会いが必要になります。男性ホルモンの分泌が衰えると、倦怠感やダルさ、あるいは発汗などの症状が現れますが、これらは男性ホルモンの異常以外の原因によっても発症することがあります。

精力剤のリスクを回避するためには、薬剤師に現在の体調や具体的な症状をはっきり告げて、適切な指導を受けることが何より大切になります。さらに、サプリメントタイプの精力剤については即効性のものはありません。一度の服用量を守って気長に待つこともまた必要です。

精力剤に関する法制上の問題について

医薬品系および健康食品系を始めとするすべての精力剤は薬事法の規制を受けています。薬事法では、特に製品の誇大広告を厳しく規制しています。大げさな広告は確かに消費者に大きなインパクトを与えますが、この薬を飲めばたちまちあなたの悩みは解消しますなどという、効果効能についての大げさな表現は一切できません。

また、厚生労働省の認可を受けていないものは、製品の宣伝はもちろん、日本国内での販売ができません。通販などで購入できる漢方薬系の精力剤にも充分な注意が必要です。天然由来の生薬などはもともと安全な材料になっていますが、中には未承認の成分が含まれていたこともあります。特に個人輸入については、この種のトラブルが多くなっています。

もうひとつ忘れがちなのが、パッケージによるアピールです。健康食品では一切の効果効能を謳うことができないため、かなり際どい図柄を用いて効果を強調している精力剤も少なくありません。さらに、医薬品や医薬部外品であっても、販売者が、それぞれの症状に対する医学的な説明をすることはできません。

通販などで見つけた精力剤について、販売会社に具体的な話を聞こうと思っても薬事法上の問題で回答ができないことがあります。このように、現在の薬事法の規制はかなり広範囲に渡っているため、インターネットや口コミなど、いろいろな情報を手がかりに、安全で効き目の高い精力剤を自分自身で選ばなければなりません。さらに、薬事法についても最低限の知識を持つことが必要になります。

精力剤の副作用

精力剤を多用しますと、副作用が生じる場合があります。天然成分の精力剤ならば、そんなに副作用を感じることはないと思うのですが、化学的な成分が含有されているような精力剤は、即効性はあっても、副作用を多く伴うことが多いので、注意する必要があります。

例えば、バイアグラですが、高齢者の場合には、心疾患や高血圧などの場合が多いので、副作用により、血流が悪くなり、脳溢血や心筋梗塞などの被害に合う場合もあります。そして、アレルギー体質のような人も、副作用が生じる場合が多いので、注意する必要があります。精力剤の服用の仕方も大切なことで、飲酒をした場合には避けるようにした方が良いです。

血流に悪影響を及ぼす可能性が高いのです。しかし、副作用が起きたという実感がわかない場合もあると思います。具体的な副作用の状態としては、胸やけが起きることや、肩こりがすること、鼻づまりが起き、体温が高くなることが想定されます。

どのような状態でも、勃起をすることはあると思いますが、長期間に渡り、精力剤を利用しているような人は、副作用の兆候が表れた際には、すぐに服用を辞めたりするようなことも必要ですので、体調の変化には、しっかり配慮するようにしましょう。

いきなり命にかかわるような症状ではないので、あまりにも敏感になる必要はないと思いますが、人によっては、精力剤による悪影響により、体調が悪くなるような場合もありますので、体調管理をすべきだと思います。

精力剤の購入方法

特別な精力剤でない限り、精力剤はどこでも購入できます。コンビニやドラッグストアなどでも簡単に購入できるのです。ただし、店頭で精力剤を購入することは、デリケートな部分もあり、なかなか購入しづらいと思います。

そんな際に利用すべきが、インターネットの通販サイトです。性的な悩みを抱える人はとても多いので、多くの精力剤の販売業者が存在します。インターネットの口コミ情報などを見れば、より良い精力剤も見つかることと思います。

しかし、即効的な効果がある精力剤の場合は、疑ってみる必要があります。つまり、精力剤を利用することで、即効性の効果があり、満足できるのですが、持続的な効果が期待できないような場合もありますし、化学的な成分が配合されているような場合には、勃起対策のために、効果があっても、身体に悪影響を及ぼすのです。

ですから、できれば、精力剤を安心して利用する際には、病院へ行って、安心できる薬を処方してもらうことがよろしいと思います。しかし、精力剤を利用しようと思っている人にとっては、精力剤を利用すること自体がとても恥ずかしい、悩みの種だと思っている人も多く存在し、たとえ医師であっても、相談しにくいような状態である人も多いと思います。

ですから、まず、試しに、精力剤を利用する場合には、インターネットの通販を利用すればよろしいと思います。しかし、注意しなければならないことは、インターネット通販ですと、悪徳業者などが存在する可能性が高いということです。購入先を見極めることが必要です。


Copyright (C) 2012-2015 精力剤ナビ All Rights Reserved.